• 寺田信哉

ポリプロピレン製のフォルダー印刷

ポリプロピレン製のフォルダーへの印刷依頼がありました。



青いPPフォルダー用のシートで厚みは2ミリ、サイズは<W500xH300>。


フォルダーの製造前の段階でシートのみ、平らな状態です。


中国製の仕上がったフォルダーへの名入れ作業と違って、

純国産・国内での製造するタイプですのでまっ平の状態です。


ほとんど中国製の商品へ名入れをすることが多いので

日本で製造する物へ印刷するのは嬉しいことです。


中国製の出来上がった状態のフォルダーですと、

書類を綴じるための輪っかのリングが付いていますので

印刷するには平らにするための冶具を作ることから始めます。


冶具の出来が悪いと印刷の仕上がりに大きく影響してきますので

冶具の出来具合が仕事の成功のカギを握っています。


国内生産でしかも製造前の段階で印刷をすることは

ほとんどありませんので新鮮な感じで取り扱うことができました。


冶具が必要ないためすぐに印刷機にセットとしてスタートできます。



今回はフォルダーのセンターから右側へ全面に文字が入りますので

大き目の版を用意して製版しています。


印刷用のインキはポリプロピレン用の特殊なスクリーン印刷用のインキ!

ねっとりしていて硬めの状態のまま印刷していきます。


ポリプロピレン製なので素材を侵すことができませんので

表面にへばりつく様に密着するインキとなります。


PP素材にもいろんな種類がありますので

中には密着が難しい素材の物も時々出てきます。


ポリプロピレン製の素材には必ず密着テスト刷りをして

確認してからでないと怖くて本番には取り掛かれません。


今回のPP素材にはうまい具合に密着してくれています。



乾燥ラックの1段に5枚分をのせて温風乾燥、

5枚x50段の250枚分を乗せることができます。


今回の印刷は乾燥ラック2台分、500枚の数量を印刷しました。


毎回印刷の部分をぼかした状態の写真を乗せなくてはなりません。


綺麗に刷りあがってくれているのですが、

クライアント様の印刷物になりますので、

オープンにお見せ出来ないのが本当に残念です。


************************************************************

シルクスクリーン印刷、名入れ印刷加工、風呂敷、エコバックなど♪♪♪

お問合せは<(有)寺田スクリーン>へ、特急にてご返信致します。

terada.screen☆ft.dws.ne.jp(☆マークを@へ変更して下さい)

------------------------------------------------------------




日本、〒420-0068 静岡県静岡市葵区田町6丁目38−12

terada.screen☆ft.dws.ne.jp<☆を@へ

℡054-253-0200 fax054-255-7823

©2019 by シルクスクリーン印刷の(有)寺田スクリーン. terada-screen.com All Rights Reserved.